繁盛店つくってます
TOP ABOUT WORKS COMPANY CUSTOMER Q&A
みとみ株式会社です
お問い合わせ

 

繁盛店のつくりかた

 

代表小野眞佐壽

 

 

店主の魅力を引き出すことが繁盛店への第一歩

 

店舗と住宅では考え方が違います
新しくお店を出す時に、多くはご自分の知り合いの方や信頼できる方に内装業者や建築会社、工務店などを紹介していただくと思います。紹介された会社はもちろん仕事ですから引き受けますが、その会社が店舗制作において経験が少なかったりしたら、かなり危険な賭けになるでしょうね。僕はオーナーさまに住宅と店舗では用途が違うということ、デザインの考え方が全く違うということを知って欲しいんです。
店舗はメインターゲットが決まってるとはいえ、まだ見ぬお客様(お店を利用する人)に来て頂くことを前提に計画されていきます。そこには基本的な守るべき要素があり、存在するデザインの全てに理由があるのです。一方、住宅の場合はお客様(家を使う人)が見えていて、あり得ない柄の壁紙でも、使いづらい家具やレイアウトだったとしても、お客様が納得されているのですか何の問題もないんですよ。そう考えると違いがわかりますよね。
だから僕はお店を出そうと思ったら、そういったノウハウを持つ店舗専門のデザイン事務所へ行くべきだと思うのです。しゃれたデザインや高価なデザイン料を取るのがデザイナーではありません。デザイナーは「お店の魅力を引き出し、まだ見ぬお客様に伝えること」をデザインしているのです。

 

お店をつくる第一歩
僕はデザインを考える前に先ずはオーナーさまと一緒にお店を回ってみたり、実際に施工された写真等を使って同じ価値観を作り上げて、目指したいお店の方向性が共有したいと考えています。そうやってひとつずつ作っていった価値観を基にデザインを起こしていくと無駄なものがなくなっていきます。大金を払ってやり直しのきかないものを作るんですからお互いに納得して、いいビジョンを持ちたいじゃないですか。初めてお店を持つオーナーさまは不安だらけだと思うんですよ。いいビジョンを持つということは不安を解消させ、気持ちも高めてくれるというメリットもあるんですよ。

 

photo002
お店の内装に使う素材も一緒に買い付けに行ったりもします。

 

良いテンポの絶対条件は「想い」です
新流行っているお店には共通していることが多くあります。一つに、しっかりとしたコンセプトがあることです。コンセプトはお店だけでなく、絵画などの芸術作品、建築、デザイン、広告など、ある人間が何かを伝えようとする時、必ず存在するものです。
オーナーさまが「誰に、何を伝えようとしているのか」を明確な言葉にしたものです。それがしっかりしているお店は、無言のメッセージとしてお客様に発信することが出来ます。
5W1H 僕はクライアントであるオーナーさまにはこのコンセプトをしっかり定めていただきたいと思っています。難しく考えないでください。お店の基本概念、お店の一番のウリをもう一度整理する、そんな感じでいいんです。もっと噛み砕いたテンプレートがこれです。そうです、中学生の時に習った5W1Hです。これ、お店づくりにすごく役立つんす。これを使ってコンセプトを明確に位置づけることにより自然と客層がしぼられ、そそれに沿ってデザインや店内装飾のイメージが生まれてくるのです。
だからオーナーさまはコンセプトを考えてください。そしてその想いを僕に伝えてください。
ゆるぎない想い、どこにも負けない想い「これを活かしたい!」という想い。そんな「想い」を伝えていただけたら、みとみがその想いを増幅させて企画デザインしていきます。

 

オーナーさまがどんなことをしたいのかに耳をかたむけ、企画段階からご支援することで、よりニーズにあった、よりマーケットにあったお店づくりをご提案していきます。

 

 

お問い合わせはお気軽に
お電話でのお問い合わせ
メールからのお問い合わせ



みとみ株式会社
〒416−0931静岡県富士市蓼原874-2
TEL:0545-61-4645 FAX:0545-61-4668
info@mitomi-blog.com
電話番号
Copyright (C) 2005-2014 みとみ株式会社 All Rights Reserved.